然而,真实的我是什么样呢 正应了那句话:当你知道要去哪儿的时候,全世界都会为你添堵

他是一个有强烈的危机意识而且看问题也比我更透彻的人。他在互联网行业工作,每天见识着这个社会在如何剧烈的变动与竞争,如何高速的运转前行,因而对我这样觉得“再拖拖也行,一年无所谓,明年毕业也不迟”的被动拖沓行为感到十分的不解和着急。每每或开玩笑问问我是不是论文写不完了,或语重心长的不厌其烦的给我讲他的所见所闻,他的担忧和他的紧迫感。开始我当然特别的抵触,争吵和愤怒时有发生,我觉得他不仅是哪壶不开提哪壶,而且想提的还是冻成冰块,随时要炸裂的壶。但却不可避免的,我慢慢一点点被他说服了。 被说服的代价很惨重,那就是我每次意识到自己是逃避的时候,内心的焦灼感就从内烧起,无处可躲。这时候,即使我再“强迫”我男友宽慰我说:放松一下也可以,其实延毕也没那么糟糕等宽心的话都无济于事,因为我自己就放不过自己,对未来深深的恐惧感时常蔓延在我的心里,我开玩笑的对男友说,你的目的终于达到了。 那时候就真的证明说驱动一个人做成一件事的最大力量,不是期望,是恐惧。我终于受不了这种难受的感觉,决定好好坐下来,严格规划自己的时间安排,论文进度,而且是下死规定那种,不完成就不能睡觉,因为不完成今天的,以后的所有计划都要泡汤,最后写不完论文。不仅如此,我还详细思考了如果有外界杂事如何分配给其他时段或者其他人做,做好了“无论怎样一定要完成”的决绝准备,然后我就开始每天苦行僧般严格的执行起了计划。 然而,真实的我是什么样呢 正应了那句话:当你知道要去哪儿的时候,全世界都会为你添堵。这才开始了反反复复的,艰难的一一打怪的过程。 导师任务重,人手少,很多事情并无法推脱;小论文结果各种不理想,耗尽心力调试却与预想相差甚远,再加上中途还经历了一位亲人过世。有人说,最消耗人意志的其实是你控制不了的情绪,这体现在我身上就是:即使当我把这些事处理完毕之后,坐到书桌前要开始写论文时,心中的焦虑感恐惧感“担心是不是有其他事还没办好”的混乱感,“是不是努力都没有意义”的空虚感有如翻江倒海一样全部涌上心头,我甚至都不觉得自己再有时间去放松,去疏解这些情绪。 过去屡试不爽的高强度运动解压的方法已然不再可行,因为我没有时间。有一次实在耐不住去运动,然而这就意味着,晚上需要工作到两三点才行,而第二天的精力又谁来保证呢

その時は本当に何千万もの力が後ろに引いているような気がして、「自分をリラックスさせる」「延ばすのは大丈夫」「人生はそんなに長くて、1度や2度間違えても大丈夫」という声が毎日私の頭の中で何度も再放送されていました。しかし、私はまだ負けたくないという思いが支えていることを深く感じています。私はいろいろな克服方法を繰り返してみましたが、最終的には簡単に見えるが非常に効果的な方法を見つけました。論文を書き始めたときにリズムの速い音楽を聴くことです。心理的なエネルギーが抑えられない以上、私は別のエネルギーでそれを抑えて、心理的な音があまりにも喧噪している以上、私は別の音でそれを覆い隠して、もし以前ならば、こんなに騒がしい音は私はきっと学ぶことができませんが、この時、それは私の心の中の気持ちを遮る強大な力になって、私は毎日論文を書くとイヤホンをつけてリズムの強い音楽を流して、比較的簡単な部分を書き始めました。ゆっくりと耳元の音楽が少し騒がしすぎることに気づいた時、私の心が静かになったことを示して、その時私はいくつかの重要な部分を考える精力がありました。この方法を借りて、私は自分が最も困難な時を過ごしました。もちろん途中で家に帰って用事をしなければならなかったので、学校に戻った時には状態に入れず、安心して論文を修正し続けることができませんでした。音楽を聴く方法はもう効果がありません。私はまた毎日一部の時間をかけて英語の美文を読んでみて、哲理のあるものを読んで、自分の気持ちの変化と状態に入る効果を記録して、最後の時間をリラックスしないように工夫しています。その時、心理的によく繰り返し響いた言葉の一つがno matter how、no matter how…。最後の結末は理想的だったが、私は大論文を完成し、小論文を発表し、理想的な仕事を見つけた。自分はまだ卒業するにはいろいろな手続きが必要だったので、2つの都市間の引っ越しの際についでに免許を取った。多くの人が不思議に思っていましたが、私自身が考えてみると、あんなに混乱した時を経験して、今では同時に多くのことを処理するのはもう話にならない、私は初めて卒業する時に自分が本当に深く成長したと感じました。過去を振り返ってみると、私も多くのうらやましい成績を取ったことがありますが、私は多くが幸運だと思っています。痛みがなければ、成長が実感できず、底が感じられず、自信が何なのか分かりませんが、この1年はこんなに痛くても楽しいとは言えない経験がしっかりと私にプレゼントしてくれて、前進を続けるように励ましてくれました。私は未来の道で、私は長い目で見て、重要なことに早く計画を立てて、しっかりと仕事をして、またすべての不可能に見える絶体絶命の中で自分を放棄しないで、転機があると信じています。英雄の物語を描いた本の中にあるように、英雄とは何でもできるわけではないが、彼らの歩みを阻むものは何もない。挫折はだめだ、苦難はだめだ、心の中で最も深い恐怖さえだめだ。心の向かうところ、前に進まない。

 然而,真实的我是什么样呢 正应了那句话:当你知道要去哪儿的时候,全世界都会为你添堵 热门话题


1d

发表评论

Copyright 2002-2022 by 福瑞在线教育网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.