私たちが良い製品を作る限り、お客様は注文します

股东会上,有股东问及万科50%的高分红比例是否在未来会得以持续。对这一问题,朱旭指出,未来万科的分红政策还是会综合考虑公司长远发展需要和股东权益维护的平衡,股息分红比例稳定在35%-40%之间,这样有利于长期投资万科的投资者规划好现金流回报。 根据万科6月24日发布的最新公告,其当日斥资约5179.79万元人民币回购283.5万股A股股份,每股价格18.25-18.27元。此前一天,万科还斥资约4481.21万元人民币回购245.5万股A股股份,每股价格18.22-18.27元。 据了解,自5月10日发起首笔回购以来,万科已先后十多次出手对公司股票进行了回购。至目前,万科已累计回购股票7295.49万股,涉及资金约12.9亿元。 事实上,不仅公司层面在二级市场回购股票,进入6月份以来,万科高管也先后出手增持公司股票,以表示对公司未来发展的信心,维护公司价值。 6月13日,万科董监高人员郁亮,王海武,解冻,朱旭,韩慧华,阙东武增持公司A股股份共计25.67万股,增持金额近449万元。当中,郁亮增持最多,为8.87万股,成交均价17.58元/股;其次是王海武5万股,成交均价17.48元;韩慧华增持3.8万股,成交均价17.44元。 这也是万科董监高自2015年10月增持后的首次增持,至今已有近7年。 根据此前披露的增持计划,万科董监高计划在6个月内,增持公司A股股票。合计增持金额将不低于2000万元,增持价格不超过18.27元/股。 对于回购一事,朱旭称,接下来如果股价满足条件,万科还将会尽力去做回购。至于市值的修复,主要受公司自身业绩,资本市场对行业的预期以及市场情绪等多种因素影响。 “作为公司而言,我们还是当好农民种好地,照顾好我们的客户,通过好产品好服务和有现金流的利润为股东创造真实的价值,让资本市场看到公司真实的价值,进而能实现市值的恢复。”朱旭表示。 行业触底,温和恢复 2021年,万科实现营业收入4528.0亿元,同比增长8.0%;归属于上市公司股东的净利润225.2亿元,同比下降45.7%。尽管公司其他各项指标保持稳定,但净利润是万科上市31年以来,继1995年,2008年后,出现的第三次下滑。 3月份的业绩会上,郁亮用了“刻骨铭心”一词来形容。在当天的股东会上,郁亮再一次表示,最难的事情就是3月底跟大家交成绩单的时候,压力很大。他把这段时间看作是自己从业以来压力最大的时刻。

しかし、市場への期待については、短期的には市場は底を打っているが、回復は緩やかで温和なプロセスだと述べた。各地のインターネット署名公開データによると、主要1、2線都市の商品住宅販売面積は1-2月が前年同期比36%、4月が同59%減少し、5月は前年同期比大幅な減少だったが、前月比は上昇し始め、6月に入ってから市場はさらに好転し、前月比は明らかに上昇した。郁亮氏は、市場回復は依然として緩やかで温和な過程だと考えている。6月は前月比が明らかに上昇したにもかかわらず、前年同月比で減少したが、減少幅は相対的に狭かった。6月に明らかな立ち上がりがあったことについて、彼は主に以下の3つの点に基づいて判断した。過去1時、郁亮は特に恵州、江門などの影響を受けた市場を訪問して観察した。見た後、彼の自信はまた少し増えた。座販からマーケティング、顧客の訪問待ちから訪問先探しまで、前線の同僚は彼に希望を見せた。彼は、環境がどのように変化しても、企業は自分のことに専念し、顧客に良い製品と良いサービスを提供するために努力し続けることが最も重要であり、市場に圧力があっても、業績を出す可能性があると考えている。私たちが良い製品を作る限り、お客様は注文します。しかし郁亮氏は、現在の人口状況、人口構造、所得水準、および国の業界に対する指導原則に非常に大きな変化が生じており、業界は新たな発展段階に入る必要があると指摘した。だから私たちは過去の論理に沿って、過去のピーク時のデータと規模に戻ることを期待することはできません。総裁の祝九勝氏は、2、3年の時間的なスパンから見ると、万科は基本的に3つの目標を実現したいと述べた:第一に、業績は必ず下落を止めて安定に戻し、下落を止めなければならない、第二に、開発は第一陣営での業界地位を維持し続けること、第三に、この業界の中で、私たちはやはり率先して不動産開発から不動産開発、経営、サービスを重視したいと思っています。業界の未来についても、郁亮は再び自信を示した。彼は、最近の1年、多くの業界は容易ではなく、不動産は最も困難ではなく、不動産業界も横になる理由はないと述べた。まして不動産は依然として10兆級の市場であり、同時に千年業界でもあり、常にあり、常に新しいことをし、未来の道がどんなに苦しくても、歩いていくとチャンスがある。企業自身に戻ると、万科上場は30年を超え、上場企業の中で唯一30年連続で現金配当を行っている会社であり、郁亮氏は万科の戦略的定力は貪欲ではなく恐怖ではないと指摘した。「欲張らないのは市場がいいときだ。最後の銅板を稼ぐなとはっきりしていることを知っているから、私たちはいつも時宜に合わない『オオカミが来た』と言う子供を演じている。悪いときも恐れず、自信を持っている」郁亮はそう言った。過去の内容の回顧↘高利貸救急2社の上場住宅企業が謎の富豪に遊ばれて林竜安は女性を舞台の前の富力に押し出してすべてのドル債を広げた

私たちが良い製品を作る限り、お客様は注文します 热门话题


1f

发表评论

Copyright 2002-2022 by 福瑞在线教育网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.